ジャック・ライアン(シーズン2)で英語と中南米スペイン語を学ぶ

かおり
かおり

こんにちは、かおりです!

今回はAmazonドラマの「ジャック・ライアン(シリーズ2)」で英語と中南米スペイン語を学ぶポイントについてお伝えいたします。

先日、Amazon Primeに入会しました。

コンテンツが多くておもしろいですね!日本・海外の映画やドラマも見られるし…

その海外ドラマの中で一際目を引いたAmazonのオリジナルコンテンツがありました。

「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン2」

なぜかというと、そのドラマの舞台が私が昔住んでいた「ベネズエラ」だったからです(笑)

ジャック・ライアンとは、トム・クランシーの創作したアメリカ合衆国の小説シリーズに登場する人物であり、アクションスリラーのテレビドラマシリーズとして知られています。

Amazonオリジナルの作品としてリリースされており、そのシリーズがシーズン2に突入しました。

シーズン2では、ベネズエラで不審な武器の輸送が疑われ、ジャックがその調査のために南米に向かうところからストーリーが始まります。

本記事では、ネタバレしない程度にジャック・ライアンの見どころ、英語と中南米スペイン語を学ぶポイントについてご紹介致します。

ジャックライアンの見どころ:シーズン2の舞台はベネズエラ

ベネズエラのランチョ

ベネズエラ社会を垣間見る

第1話からベネズエラの現状に言及するシーンが登場します。

日本の新聞にもベネズエラのインフレや食糧不足の問題が掲載されることがあるためご存じの方が多いと思います。

その作中にはRancho(ランチョ)と呼ばれるスラム居住区のシーンも描かれています。

例えば、石油収入による工業化が1930年代から進んだ結果、田舎から都市部へやって来た労働者がカラカスのランチョを形成し始めました。

現在もその名残の中で多くの住民が生活しており、治安の悪化も懸念されている場所ではありますが、子供たちが無邪気に遊ぶシーンもあります。

ベネズエラのジャングル

ベネズエラのジャングル

スペイン語では、ジャングルを「Jungla」または「Selva」と呼びます。

CIA分析官の戦いの舞台がジャングルということもあり、ゲリラ戦のような銃撃戦が展開されています。

なぜ熱帯雨林が戦いの舞台となっているのでしょうか?

なぜなら、そこの展開がストーリーの行方を大きく左右するからです。(ネタバレになるので、詳しくは書けません、ごめんなさい!)

ベネズエラと言えば、エンジェルフォール(世界最高の落差のある滝)やギアナ高地が有名ですが、壮大な熱帯雨林も見どころの一つとなっています。

ベネズエラの大統領選挙

ベネズエラの大統領選挙

作中で扱われる政治・外交問題はファクトにより近づけた内容となっています。

停電、断水、治安の悪化、インフレーション、食糧不足…ベネズエラの国民はここ数年間、大きな混乱の中で生活を強いられてきました。

現職のベネズエラ大統領に対する反政府指導者がその現状を問いながらメディアに応じ、ベネズエラの米大使館に駐在する職員を引き揚げるシーンでは様々な人間模様が描かれています。

世界一の石油埋蔵量を誇るベネズエラで、一体何が起きているのでしょうか?

それを考えるきっかけを作中の随所で垣間見ることができます。

アクションスリラーのフレーズ5選(英語・スペイン語)

ここではアクションスリラーを楽しむためのフレーズ表現5選をご紹介します。

手を上げろ!

アクションスリラー映画の定番フレーズです。

ジャック・ライアンでは銃撃戦や検問のシーンが多いので、類似の表現を何度も耳にします。

表現自体はたくさんありますが、ここでは英語とスペイン語で一つずつ絞ります。

かおり
かおり

英語では「Put your hands up!」

スペイン語では「¡Las manos arriba!」

この裏切り者!

やっと関門を突破したと思ったら、仲間に裏切られて敵に突き出される…

映画やドラマでこのようなシーンをご覧になった方もいるのではないでしょうか。

こちらも表現は多いので、絞って見ていきたいと思います。

Fワードが頻出ですが、このブログでは扱いません。

かおり
かおり

英語では「You, traitor!」

スペイン語では「¡Eres traidor!」

お探しのものはこれかな?

多くのアクションスリラー作品では、人質や物、情報を問わず、主人公を狙う敵があの手この手で追い詰めようとします。

「どこだ?」

「ふふふ、お探しのものはこれかな?」

という感じで、実際にものを見せるわけではなく、モニター画面に映しながら「これか?」と見せるのが常套手段です。

かおり
かおり

英語では「Is this what you are looking for?」

スペイン語では「¿Es lo que estás buscando?」

決まりだな

金銭取引でよく耳にするフレーズです。

「〇〇ドルだ、分かってんだろうな?」

「決まりだな」

実際に取引を示す単語を使うケースが多いです。

かおり
かおり

英語では「It’s a deal.」

スペイン語では「Trato hecho.」

用心しとけよ

主人公が危険な目にあって助け出された時などに使われます。

特にCIAのような諜報機関が敵地に潜入していることがバレたら一大事です。

かおり
かおり

英語では「You can never be too careful.」

スペイン語では「Nunca puedes ser demasiado cuidadoso.」

なお、ベネズエラのスペイン語フレーズについては、以下の記事でご紹介しています。

まとめ:ジャック・ライアンで英語とスペイン語の勉強を楽しもう

ここまでジャック・ライアンの見どころと英語・スペイン語のキーフレーズを見てきました。

もともとアクションスリラーを楽しんでいらっしゃる方は、ジャック・ライアンをご存じだったかと思いますが、語学を続けている学習者にとっても良質なドラマコンテンツとなっています。

特にジャック・ライアンのシーズン2は米国とベネズエラの国際政治・外交問題に触れながら、英語とスペイン語でストーリー展開されていくため、社会面の勉強をしながら語学力を鍛えられるのが特徴です。

2019年10月31日に公開されたばかりですが、エピソード8まで視聴できます。

興味がある方はぜひAmazonでご覧になってみてください。

タイトルとURLをコピーしました