モダン・ラブ~今日もNYの街角で~エピソード1の感想

かおり
かおり

こんにちは、かおりです!

今日は「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」についてご紹介します!恋愛ネタなので、恋愛で使えるフレーズも見てみましょう!

Amazon Primeで「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」というドラマを見ています。

モダン・ラブとは、New York Times紙のコラム「Modern Love」へ実際に投稿された作品にもとづく恋愛ドラマです。

エピソードごとにストーリーが完結しているので、毎回斬新なモダン・ラブストーリーを触れられます。

本記事では、エピソード1.「私の特別なドアマン」の見どころと英語のフレーズをご紹介したいと思います。

エピソード1:私の特別なドアマンの見どころとは?

私の特別なドアマン

ずばり、見どころは「ドアマンの優しさ」です。

タイトルの通り、ドアマンと成人女性の関係を描いたお話となっています。作中のドアマンは、アパートで警備を務めている男性で、アパートの住民である女性とは友人関係である設定から物語がスタートします。

とは言っても、二人が深い関係になるのではなく、悩む女性を温かく見守るドアマンの誠実さがにじみ出るストーリーです。

そもそも登場人物の女性は何を抱えていたのかというと…

不慮の妊娠…おまけに相手の男性は頼りにならない…

このような時の女性心理と言えば、子供を育てようとする強い意志の裏で愛に飢えている複雑な気持ちです。そのような状況に置かれると、ドアマンの存在が大きな支えとなります。

エピソード1がおもしろいと思う理由

ストーリーが現実的

女性と男性が〇△×してしまうという、時々耳にするストーリーです。

そこで男性が頼りにならず、女性が力強く生きていくという流れになるわけですが、その女性も周囲のサポートを必要としています。

心身の状態は不安で落ち込んでしまいます。そこに彼女のことを思って寄り添い、話を黙って聞いてくれるドアマンの姿が共感を呼びます。

女の話を黙って聞いてくれる男はどこでも必要とされるのでしょうね。

楽しみつつも勉強できる

ドアマンのジェントルマンシップからは、女性に対する寛容さだけでなく、時には厳しく叱ったり、アドバイスを送るシーンも見られます。

実の妹や娘のようにかわいがっている反面、言うべき時には言わなければいけない、守らなければいけないという父親の使命感のようなものがにじみ出ているのも、一つのポイントです。

ここで作中のエピソードを理解するための、恋愛キーフレーズをご紹介します!

恋愛ドラマを楽しむためのフレーズ5選

恋愛英語

He is my main man.(彼は私にとって特別な男)

女が男に惚れる時、「ドキッ」とくるときがありますよね。

ほんの些細な一言や仕草などがきっかけで、ハートに火がつく瞬間。

その時から男の姿が頭から離れなくなります。

「付き合うならこの男じゃないと嫌よ」くらいの男を描写する時に使ってみると、力の入れ具合が伝わります。

I’m just feeling excited.(熱い気分)

デートが終わった後は、ボーイフレンドにどのようなメッセを送りますか?

人によっては物足りなさを感じ、帰宅後に熱いメッセを送るのではないでしょうか。

モダン・ラブは海外ドラマですが、熱すぎるシーンはほとんどありません。

その点では適度な温度感で英語のフレーズを学べます。

Why the low profile?(どうして控えめなの?)

LINEでメッセを送っても、既読スルーになったままだと不安を感じる方もいらっしゃいますよね。

返事を返してくれない人物が恋人ならなおさらです。

人によって多少はかまってほしい、大事にされたいと思うもの。

そんな時にスッと使える一言になりそうですね。

I am no longer alone.(私はもう一人じゃない)

落ち込んでいる時には、誰かに側にいてほしいですよね。

とくに、人に言えないような不安や悩みを抱えている時には。

懐の深い男性が話を聞いてくれるだけでも、女性にとっては大きな癒しとなります。

黙って話を聞いてくれるだけで、十分なんですよね。

Look at my eyes.(私の目を見て)

現実のラブストーリーでも、もしかしたら使う人がいるかもしれません。

とくに含みを持たせた言い回しが好きな方は経験もあるのではないでしょうか。

正面で男女が向かい合う時にはどうしても目を見てしまいますよね。

その時にそっと一言伝えてみるといいのではないでしょうか。

まとめ:ドアマンとのストーリーで英語力を伸ばそう

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ エピソード1は、短編ながらストーリーをなぞる様に見ていくと楽しめる作品です。

辻仁成さんの「冷静と情熱の間」、村上春樹さんの「ノルウェイの森」をお好きな方は、言葉の節々に隠された恋愛の知恵やカルチャーに触れていけるのではないでしょうか。

Amazonでは、「シーズン1」のエピソードが2019年10月18日から公開され始めました。

これからのストーリーが楽しみとなっている海外の恋愛ドラマです!

タイトルとURLをコピーしました