短期間のコーチングで英語力が伸びる3つの理由とは?

かおり
かおり

こんにちは!

通訳・翻訳・通訳案内士のフリーランス、かおりです!

(かおりのプロフィールはこちらからご覧ください)

今回は以下の悩みに対応する記事を書きました!

質問者
質問者

語学はたしかに独学でも勉強できると思うし、そんなに金をかけなくても上達してきた人を知っています。でも、私は一人だけだと続けるのが難しくて…コーチングで実際に英語力は伸びるでしょうか。

語学は独学でも可能ですが、人によって適性の有無が別れます。

結論から申し上げると、人によってはコーチング語学が向いていることがあり、学習者の適性に鑑みて教材を選択すると語学の短期上達も可能です。

この理由は、コーチングによって長期的・客観的な視点から勉強のメニューを組むモチベーションを得られるからです。

本記事では、「短期間のコーチングで英語力が伸びる3つの理由」についてお伝えしていきたいと思います。

本記事の対象者:独学だと語学の継続が難しいので、コーチをつけて短期間で上達を目指したい学習者の方々

短期間のコーチングで英語力が伸びる3つの理由

長期的な視点

短期間のコーチングで英語力が伸びる理由は、以下の3つです。

  1. 勉強法の適性を知ることができる
  2. 客観的な視点を持てる
  3. 長期的な視点を持てる

それぞれ順番に見ていきたいと思います。

勉強法の適性を知ることができる

「語学は自学自習を続ければ伸びるし、独学でいいんだよ」とよく耳にしますが、人によっては難しい場合もあります。

たとえば、語学を全く0から始める場合は、シャドウイングなどの勉強法を知らないことがほとんどです。

この場合に効率を優先して語学学校にいくか、自分でインターネット検索などを通じて勉強法を調べ、実行に移せるかどうかは人によります。

自分一人の判断が難しい場合、【PROGRIT】のように無料カウンセリングを実施している英語学校で、試しにカウンセリングを受けてみるのも重要です。

大事なのは、自分が「独学でやりたいのか」「学校で学びたいのか」をはっきり決めることです。

客観的な視点を持てる

語学における「客観的な視点を持つこと」というのは、自分の判断が正しかったのかを検証する作業です。

たとえば、私は学生時代の休暇中にシャドウイングを朝から晩まで行い、勝手に達成感を覚えていた時期がありました。

しかし、実際は量をこなすことが目的化しており、シャドウイングのリピートはできても聴解が甘かったり、文章に対する問題意識が低い状態が続きました。

上述の点を指摘できるコーチがいた場合、わりと早い段階で問題意識を深めながらリスニングをして自分の意見を発信する習慣が身に付いていたのでは、と思う時があります。

長期的な視点を持てる

「語学の学習メニュー」という枠組みを越え、もっと長い人生のスパンで語学がどんな意味を考えられるようになると、将来に向けて英語を勉強する意味を理解しやすくなります。

たとえば、交換留学を目指したいと思っている大学生がいるとします。

その子は大学1年生で、保有資格は英検2級とTOEIC600点。

ここから交換留学ができるレベルにどのように引き上げられるかを考えた時、交換留学から帰国した後も見越して話ができるコーチが側にいると、大学卒業後の仕事で今積み重ねている作業がどのような意味をもつか、人生の転機が訪れた時に語学をどのように活かせるかが分かります。

語学のキャリア構築については割愛しますが、要は「今積み重ねている語学の作業が、将来どのように役立つと考えられるか」を説明できる人が周りにいると、作業の位置づけを理解しやすいでしょう。

英語のコーチングタイプを考える

英語のコーチングタイプを考える

コーチングには大きく分けて「セルフコーチング型」と「コーチング型」の2種類に分かれます。

セルフコーチング型

下記の記事にも記載していますが、語学の基本は「読む、書く、話す、聴くの訓練をまず自分で積み重ねること」です。

語学のプロを目指そうと思えた英会話教室|大人の達人との出会い
私は英会話教室「NOVA」に通い、「語学力を伸ばすだけでなく、社会の諸問題に対して広く関心を持ち、自分が目指す目標に向けて地道に努力を積み重ねる」英語の達人の姿勢に何度も感化され、それが後にフリーランスの独立につながりました。本記事では、NOVAがなぜ語学のフリーランスを目指す上で役立ったのかをお伝えします。

その上で外に出て自分でアウトプットの機会を作り、発信力も伸びていけば、その積み重ねが大きな自信になります。

メリット

自分で考えて動く癖が身に付くので、低コストで学習を続けられるのがメリットです。

この場合は学習目的で学校に通うのではなく、あくまでもアウトプットの場として英会話学校や英会話喫茶を活用します。

デメリット

伸び悩んだり壁に直面した時にはその都度課題を洗い出して一人で対策を考えるため、軌道修正に時間がかかるのがデメリットです。

トライ&エラーが続く時期は、コツをつかめるまで時間がかかるのがよく聞く話です。

コーチング型

一方でコーチを求める場合はどうでしょうか。

この場合は客観性を重視して、自分に欠けている技能の改善に取り組んだり、メニューそのものを考案してもらうように依頼することもあります。

メリット

セルフコーチングはトライアンドエラーが続くので、軌道修正に時間がかかることもあります。しかし、コーチング型だと客観性にもとづいたメニュー作りとフィードバックがあるため、軌道修正の方法を短期的に把握できるメリットがあります。

デメリット

スクールやメンターのプログラムに申し込む形になることが多いため、自己投資の金額がセルフコーチングの場合よりも高くなることです。

コストはかかりますが、コーチングの場合は効率的に自分の弱点を見つけ、その弱点を集中的につぶすためのナレッジを得る上では重要な手段とも言えます。

コーチと出会う

本記事で考えるコーチとは、アドバイザーを指します。

コーチと出会えるチャンス自体はいろいろなところに転がっており、学校や職場の先輩、英語のサークルや英会話学校などが一般的です。

私の場合は英会話学校で個人事業主の英語教師と出会い、仕事の様子、留学生活、将来のキャリアについて話を伺うことが多々ありました。

厳密には指導者という形ではありませんが、まだ高校を卒業したての自分は知識や経験が乏しかったため、人生の先輩方から頂いたアドバイスが道標の一つになることもありました。

アドバイスをくださった方々とは今でもお付き合いさせて頂いていますので、当時の出会いには今も感謝しています。

または短期集中のコーチング制度を採用している以下の英語学校を利用し、コーチに出会う手段もあります。

英語コーチングの有無の前に自分の特徴を知る

自分の特徴を知る

本記事ではセルフコーチングと一般的なコーチングについて考えてみました。

両者に一長一短がありますので、どちらがいいというわけではなく、自分の適性に鑑みた選択をすれば語学の後押しになります。

私の場合は全て自分でスケジュールを立ててやろうとした分、失敗した時には軌道修正に時間がかかる時もありましたが、失敗も含めて語学を楽しんでいるので後悔はありません。

友人の中には、お母さまが先生にマンツーマンでフランス語の指導を仰ぎ、2019年12月にはシャンソンのコンサートを開きました。

やり方次第で、人の可能性はいくらでも広がるのだと思います。

コーチをつけるかどうかを迷っている学習者に、本記事が少しでもお役に立てると嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました