【英語の副業】翻訳の未経験者が在宅勤務で数万円稼ぐ5つのポイント

かおり
かおり

こんにちは!

通訳・翻訳・通訳案内士のフリーランス、かおりです!

(かおりのプロフィールはこちらからご覧ください)

今回は以下の悩みに対応する記事を書きました。

質問者
質問者

私は翻訳の経験がないのですが、それでも稼げるようになるでしょうか?しかも在宅ワーク希望なのですが…

ときどき翻訳の質問を受けることがあります。

その中で「未経験者なのですが、翻訳で稼げるでしょうか?」「副業で在宅の翻訳をやってみようと思っていますが、稼げるのでしょうか?」という質問があります。

結論としては未経験者でも問題ありませんし、在宅でも数万円は稼げます。

実践を通して語学力を高め、その実績を次のステップにいかせる副業として、翻訳はオススメしたい副業の一つです。

ただ、私がフリーランスとして業務を行う中で、事前に知っておかなければいけないポイントがあるということも感じてきました。

本記事では、「英語の翻訳未経験者が在宅勤務で稼ぐ5つのポイント」「稼ぎながら語学力を高める5つのメリット」をご紹介したいと思います。

本記事の対象者:翻訳の在宅ワークに興味があり、副業や未経験でもいいから語学力をいかして稼ぎたい方々

【英語の副業】翻訳の未経験者が在宅勤務で数万円稼ぐ5つのポイント

英語の翻訳未経験者が在宅勤務で稼ぐ3つのステップ

私が考える「英語の翻訳未経験者が在宅勤務で稼ぐ5つのコツ」は以下の通りです。

  1. 日英翻訳に対応できる語学力を身につける
  2. 翻訳会社の関係者と顔を合わせて人脈を築く
  3. トライアルで好成績を残す
  4. クラウドソーシングを活用する
  5. 翻訳+αの仕事を引き受ける

それぞれを順番にみていきたいと思います。

日英翻訳に対応できる語学力を身につける

理由は「英日翻訳よりも日英翻訳の方が稼げるから」です。

翻訳未経験者がいきなり仕事を受注できたとしても、最初の文字単価は数円~という評価になります。

たとえば、未経験者の文字単価が4円だとしたら5,000字程度の日英翻訳で20,000円の報酬です。

1時間で500文字を日英翻訳する場合、実働の作業時間はトータルで10時間。

案件が英日翻訳になると、外国語の文字数と比較して依頼分量と文字単価が減る場合があるため、報酬も分量と単価に応じて少なくなります。

日英翻訳の難易度が高い分、収入を上げるために狙うべきタスクと考えてもいいでしょう。

翻訳会社の関係者と顔を合わせて人脈を築く

私が今お世話になっているクライアントとは、昔通っていたWebの専門校のご紹介で初対面。

食事で初めてご一緒した時に、フリーランスとして活動したいという目標、Webの知識と語学力をそのための糧にしたいという意志を伝えました。

なぜフリーランスで生きていこうと思っているのかという私の話にも、クライアントは真摯に耳を傾けてくれたのを覚えています。

知り合って1か月が経つ頃には、「一緒にやりませんか?」と運良く協業の誘いを受けました。

当時の経験を振り返ると、長く付き合っていけるクライアントとは何らかの形で顔を合わせてコミュニケーションをとり、信頼関係を深めていく過程が重要だと思っています。

人からの紹介を含め、最近では異業種交流会や各種ミートアップが各地で開催されているので、そこへ足を運ぶと将来の見込み客と出会える可能性があります。

翻訳のトライアルで好成績を残す

信頼関係が深まるだけでは仕事のオファーはきません。

私も経験しましたが、翻訳のトライアルを受験してそれなりの成績を出さなければいけません。

トライアルのポイントは「当たり前の作業を確実にこなすこと」で、その姿勢が採点者の心をつかんで合格へとつながります

翻訳のトライアルで採点者の心をつかむためのポイントは以下の記事で解説しています。

【翻訳トライアル】採点者の心をつかんで合格する6つのコツ
翻訳のトライアルに合格する方法を質問されることがあります。私が考えるコツは「当たり前のことをやる」です。翻訳のトライアルの話になると、語学力が問われるというイメージをもたれがちですが、実際は翻訳+αの面を評価することが多いです。本記事では、翻訳トライアルで合格するために、採点者の心をつかむ6つのコツを紹介します。

クラウドソーシングを活用する

地方在住などの制約により、直接翻訳会社の関係者とお会いできない場合、クラウドテックcoconalaなどのクラウドソーシングサイトでも仕事を受注できます。

私もクラウドソーシングのサイトに登録しており、見込客から翻訳依頼のメールが届きます。

クラウドソーシングの特徴の一つは、こちらから見積提示を依頼される場合が多いので、常に相手から単価の条件を課されるというわけではないことです。

そのため納期まで時間がなかったり、希少言語で翻訳できる場合は、比較的良い条件のもとで仕事ができる可能性があります。

翻訳+αの仕事を引き受ける

翻訳以外にも在宅で受けられる仕事があれば、ぜひ受けてみましょう。

たとえば、在宅でもできる隠れた翻訳関連の仕事が、コーディネーター業務です。

具体的には「翻訳者・校正者が提出してきたファイルを顧客に提出する前に修正・編集する作業」となります。

外国語で書かれたパワポの発表資料を日本語に訳すと、図形に対して文字配置がおかしくなる時があります。

この時に文字のサイズや位置を修正し、読み手にとってわかりやすい資料に直すのもコーディネーターの業務です(本来は翻訳者がやらなければいけないのですが)

この作業は意外と時間と労力がかかるので、マンパワーが必要とされます。

一方、翻訳者のコンサルポジションを長期的に志望される場合はTopAdmitで募集をしています。

「私は翻訳以外やりません!」と初めから決めてしまうと仕事の幅が狭まってしまうため、このような仕事も積極的に受けると収入の補填になります

稼ぎながら語学力を高める5つのメリット

稼ぎながら語学力を高める

本記事では「英語の翻訳未経験者が在宅勤務で稼ぐ5つのコツ」をご紹介してきました。

なぜ未経験者に副業の翻訳をオススメするのかというと、以下のように「稼ぎながら語学力を高める5つのメリットを得られるから」です。

  1. 副業で数万円稼げる
  2. 翻訳業界で求められるニーズが分かる
  3. メンターを見つけられる
  4. 実績を積める
  5. 人脈が広がる

副業で数万円/月稼げる

副収入が数万円/月に届くのは間違いありません

翻訳者の場合は単価交渉の話になりますが、翻訳+αの業務がついてくると、場合によっては月額固定額のパッケージで収入が入ります(私はこのタイプ)

翻訳だけでなく、本格的に外国語をいかして各種業務にチャレンジしたい場合、翻訳が一つの入口にもなります。

翻訳業界で求められるニーズが分かる

翻訳の案件内容によっては、市場の動向や技術面の情報が入ってくる場合があります。

たとえば、メーカーのカタログを翻訳する場合、競合他社の〇〇社に対抗する形で日本のローカライズを図っており、規模感としてはこれくらい…のようなフワリとした情報が入ります。

翻訳会社からは「このような形で翻訳して、書類の翻訳だけでなくクライアントの商談も支援したい」「この先は長期案件につなげる狙いでいきたい」という連絡がきますので、長期案件を見越したライティングの型も指示されるのが、よくある話です。

翻訳以外にも業界のニーズに関するナレッジを積み重ねられれば、ご自身の専門性にもつながります

メンターを見つけられる

私は特定の人物に指導を仰ぐことはありませんが、フリーランスの活動を始めてから、先輩の通訳士・翻訳士の方々から頻繁にアドバイスやフィードバックを頂いています。

仲良くなるとご自宅にも招かれ、タロットカードで占っていただくこともありました(笑)

メンターと呼べる方々は各種業界で20年前後の通訳・翻訳業務の経験をされてきているので、勉強法だけでなくフリーランスのキャリア構築や自分を守る術、家庭との両立についても貴重な話をしてくれます。

人生の先輩から知恵を授かるチャンスが、翻訳業務をやっていて得られた収穫の一つです。

実績を積める

実績の有無が左右するのは、翻訳単価と依頼可能な業務の幅です。

会社に登録して間もない未経験のワーカーが、いきなり高単価案件や営業、コーディネーター業務を任されることはありません。

最初は下積みの時期が続きますが、確実に成果を出せるという評価を会社から得られれば、翻訳+αの業務依頼がきたり、高単価案件を先輩翻訳者と組んで業務遂行する場合もあります。

重要なのは「当たり前のことを確実に行う」「何事も誠意を持って対応する」です。

対人関係の基本や礼儀を守るだけで、実績を積み重ねてキャリア構築につなげられます。

人脈が広がる

翻訳業務を行う中ではメンターとの出会いだけでなく、メンターの仲間とも知り合える機会があります。

中には小説を書いたり、テレビ番組を企画する方もいらっしゃいますので、勉強会に誘って頂いてキャリア構築や人生の楽しみ方を今まで伺ってきました。

異業種でも活動する方々と仕事の枠を越えた話ができるようになると、活動の選択肢が増えてきます

今まで磨いてきた語学力を収入源に変える

今まで磨いてきた語学力を収入源に変える

本記事では、「英語の翻訳未経験者が在宅勤務で稼ぐ5つのポイント」「稼ぎながら語学力を高める5つのメリット」をご紹介いたしました。

もともと未経験者として翻訳を始めた私が感じてきたのは、未経験者で翻訳に挑戦するのは問題ありませんし、在宅でも数万円は稼げます。

実践を通して語学力を高め、それを次のステップにいかせる副業として、翻訳はオススメしたい副業の一つです。

翻訳の未経験者ではあるけども、副業としてチャレンジして稼いでみたいと思う方々へ、本記事が少しでもお役に立てると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました