【英語・スペイン語の通訳案内士ブログ】副業で稼ぐ5つのメリット

かおり
かおり

こんにちは!

通訳・翻訳・通訳案内士のフリーランス、かおりです!

(かおりのプロフィールはこちらからご覧ください)

今回は以下の悩みに対応する記事を書きました。

質問者
質問者

英語とスペイン語の通訳案内士を目指したいと思っています。まずは試験で合格しなければいけませんが、通訳案内士で副業する場合のメリットは何ですか?

通訳案内士を専業として続けている話はあまり聞きませんが、副業として続けている方は私の周りで何人かいます。

「副業として通訳案内士をやる場合、メリットはあるのか?」と聞かれれば、私は「あります」と答えています

とくに定収入が確保でき、語学の自己研鑽を積み重ねるのが大好きな会社員だと、勉強の通過点として目指すにはおもしろい資格・副業になると思います。

一方、副業として通訳案内士を始める場合は、通訳案内士特有の苦労も忘れてはいけません。

本記事では、英語・スペイン語で通訳案内士を続けてきた経験から、副業として通訳案内士にトライする場合のメリット・デメリットをご紹介します。

本記事の対象者:通訳案内士を副業でやってみたい方々、通訳案内士に興味をお持ちの方々

【英語・スペイン語の通訳案内士ブログ】副業で稼ぐ5つのメリット

【通訳案内士の副業ブログ】英語・スペイン語で働く5つのメリット

副業の通訳案内士として働く場合、下記5つのメリットがあります。

  • 会社員の場合は収入の不安なく臨める
  • お客様のニーズを意識する習慣が身につく
  • 語学で身につけた知識を収益に変えられる
  • 副業の単価とスケジュールを自分で設定できる
  • 通訳案内士の仲間を作りやすい

それぞれ順番に見ていきたいと思います。

会社員の場合は収入の不安なく臨める

2014年に公開された観光庁の資料【通訳案内士の就業実態等について】によれば、通訳案内士有資格者の3/4が未就業の状態となっており、その理由のほとんどが「一定の収入が見込まれないため」という理由を挙げています

会社員をされている方だと、毎月の収入はある程度確保できる条件が整っているため、現状の課題をクリアされる方もいるのではないでしょうか。

実際に私の友人も某所に勤めながら、時間がある時に通訳案内士として稼働しています。

この時の留意事項は「心と身体の余裕」です。

通訳案内士の業務で欠かせないのは「下見」なので、会社員をやりながら通訳案内士にチャレンジしたい場合は、心身ともに余裕がある時がオススメです。

お客様のニーズを意識する習慣が身につく

通訳案内士業務は別名エンターテイナーとも呼ばれます。

外国人観光客のお客様が、日本の滞在をより楽しんでもらえるように尽くす能力が問われるからです。

通訳ガイドは、通訳者以上に「エンターテイナー」であるべきだと言われることがあります。お客さんの日本滞在をより最高な思い出にするために、人を喜ばせたり笑わせたりする能力は欠かせません。引用元:おしごと部

私が今まで通訳案内士として稼働して考えたエンターテイナーの条件は、おもしろい話に限らず、相手のニーズにもとづくトークネタを必要に応じて投げ続けることです。

そのためには常日頃から外国人の関心事をリサーチしておく必要があります

たとえば、最近だとオリンピックのテーマが盛り上がります。SPAIAによれば、2020年東京オリンピックの動員数は1,000万人とされており、朝日新聞の記事では海外から持ち込まれる感染症の流行が懸念されています。

このように観光地と直結し、世界中が注目するテーマを話すと、観光中にお客様と楽しく議論できます。

語学で身につけた知識を収益に変えられる

通訳案内士の試験勉強をしたリ、無資格でもガイドに臨む場合はツアーのチェックポイントに関わるストーリーを説明します。

そのためには現地へ下見に行って土地勘をつかんだり(これはマスト!)、インターネットで調べた情報を自分の切り口で説明できるようにシナリオを考えます。

どの情報を説明すると外国人観光客に喜ばれるのか分からない場合、YouTubeでネイティブスピーカーが公開している動画をご覧になるといいです

たとえば、以下の動画では浅草の仲見世通りで「あげまんじゅう」を食べるシーンが紹介されており、コメント欄では浅草観光のフィードバックも記載されています。

YouTubeのコメント欄には、訪日観光客ならではの興味・関心のヒントが書かれているので、ツアーの内容を考える上で大いに参考になります

A Beginner's Guide to Asakusa

もし上述の話が試験対策なら、試験を受けただけで終わってしまいますが、通訳案内士の場合は観光地、日本地理、歴史、一般常識、グルメなどの知識をアウトプットして収益に変えられます

副業の単価とスケジュールを自分で設定できる

大手の旅行代理店の場合だと報酬が事前に設定されている場合がありますが、近年は友達グループや家族単位で来日するFIT(Foreign Independent Tour)の訪日観光客が増えています。

この傾向に対応し、Triplelightsのような訪日観光客と通訳案内士のマッチングサイトでは、カスタマイズツアーの提案によるツアーの成約が可能です。

つまり、個人で単価を決めて仕事を受注できるシステムで仕事ができます。

また、プラットフォーム上でスケジュール管理をできるので、見込み客はこちらの都合のいい日を確認した上で連絡してくる流れです。

同社には同業者の方も数多く登録していますが、単価設定と見込み客への提案次第では受注につながるため、個人で単価を決めたい方にはいい傾向だと思います。

通訳案内士の仲間を作りやすい

通訳案内士試験に合格すると、各所で合格者研修会が実施されます。

私は過去にJFGが主催する合格者研修会に参加し、その後もお付き合いさせて頂くことになる同期の仲間とお会いしました。

彼らから頂いた代理店関連の情報や不測の事態へ対応する知恵などは、通訳案内士の仕事にも役立っています。

団体観光客の案内の時には先輩ガイドと組み、全体の動きをコントロールする役目を担うので、そこから各所でネットワーキングの機会が生まれるとも聞きます。

通訳案内士を副業にする3つのデメリット

通訳案内士を副業にする際のデメリット

ここまでメリットをご紹介してきましたが、以下3点のデメリットもありますので合わせて確認しましょう。

  • 下見の交通費は基本的に自己負担
  • プライベートの時間が減る
  • 確定申告などの経理管理は自己責任

下見の交通費は基本的に自己負担

繰り返しになりますが、通訳案内士のツアー前には下見をして導線や訪問地の所要時間、トイレの場所等を確認し、お客さんが困らないツアー設計が必要です。

的確に準備するためには事前に半日~1日は下見に費やすことになります。

通訳案内士のエージェントのほとんどは、交通費の精算が伴わない報酬制度を採用しているため、下見の交通費は基本的に自己負担になるケースがあります

どこにどれくらいの期間案内するのか。

これらはご自身のスケジュールやお財布と相談して決める流れになります。

プライベートの時間が減る

たとえば、週末の日曜日に通訳案内士の業務依頼が来た場合、前日の土曜日までに下見を終わらせる必要があります。

こうなると土曜日のほとんどは仕事になります。土曜日の都合が悪ければ、平日のどこかで時間を捻出するしかありません。

いずれにせよ、下見の時間が生じる以上はプライベートの時間を削ることになります

確定申告などの経理管理は少々手間

通訳案内士の報酬は人によりますが、数万円/日がほとんどです。

売れっ子の通訳案内士になると副業の年間所得が20万円を超える場合があり、この場合は確定申告が必要です。

②給与を1カ所から受けていて、各種所得金額(給与所得・退職所得を除く)の合計額が20万円を超える場合

例えば、副業がある場合や、保険金を受け取った場合などが考えられます。

引用元:MoneyForward

語学力を副業に変えられる通訳案内士という仕事

語学力を収益に変えられるガイドという仕事

本記事では、英語・スペイン語で通訳案内士を続けてきた経験から、副業として通訳案内士にトライする場合のメリット・デメリットをご紹介してきました。

通訳案内士の準備は大変ですが、ツアーを終えてお客様を見送った後の「やりきった感」は何物にも代えられません。

人間ドラマの中で四苦八苦するケースもありますが、そのような経験を積み重ねることで、語学力や臨機応変な対応能力も磨かれます。

本記事が、これから副業で通訳案内士に挑戦したいと考えていらっしゃる方々のお役に立てると幸いです。

なお、以下の記事では英語とスペイン語を実務レベルまで高めるステップをご紹介していますので、ご興味がある方はご覧になってみてください。

英語とスペイン語を仕事ができるレベルまで高める7つのステップ
英語とスペイン語のどちらを学ぶといいのでしょうか?このような質問を受けることが増えてきました。結論としては「両方学ぶといいですが、一言語ずつ学んだ方がいいと思います」と答えています。本記事では、英語とスペイン語を学んだ経験といかし、両言語を実務レベルまで高めるための5つのステップをご紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました